オーダー率の高いメニューを把握して飲食店売上アップを図る!

いかに獲得するか

女性

飲食店を長く経営するためには、一見さんではなく固定客の確保が重要です。固定客を獲得すれば、高い確率でお店を利用してくれるので、経営安定化と売上アップにつながります。

More Detail

情報分析が重要

食器

飲食店の売上アップを狙っているなら、緻密な情報分析が必要不可欠です。月ごとで、フードメニューの中で何が売れ行きが良かったのか、オーダー率が低めだったメニューは何なのかを知っておけば、有利に店舗運営を遂行できて、売上アップにも貢献できます。オーダー率が高いフードメニューとそうでないメニューを把握するためにも、常に店舗の売上情報を分析し続けましょう。

楽に、飲食店での人気フードメニューを把握したい場合は、タブレット型のPOSシステムが便利です。POSのツールは、毎日の接客業務をスムーズに遂行しやすくするのは勿論、その日の売上が良かったフードはどれかを見極めるにはうってつけです。接客タイム中に、どんなフードが多く出ていたのかをリアルタイムで計測してくれるので、いちいち伝票をチェックせずに済みます。POSツールのオーダー率を表示するページを出せば、飲食店で売上の良いフードを把握しやすくなります。オーダー率で、売上アップのために行なうキャンペーンで出すフードを決めやすくなります。あるいは、季節ごとにメニュー表でイチオシにするものをどれにしようかを決めやすくなります。

POSで飲食店の売上情報を把握しておけば、メニュー表の配置を季節ごとに変更しやすくなるのは確かです。季節ごとに変化するメニュー表なら、お客さんも飽きずに来店してくれる可能性が高まります。売上アップのための取り組みを構築しやすくしたいなら、POSシステムを活用しての情報分析が重要になります。

需要があるかで選ぶ

飲食店

長年、繁盛し続けている飲食店では、倒産リスクが少ない地域を選ぶところから始まります。需要が高い地域を選べば、売上的にも安定しやすくなるのと、売上アップの戦略を練りやすくなります。

More Detail

少額だけアップさせる

レストラン

飲食店の売上をアップする手っ取り早い方法は客単価を上げることです。いきなり、500円や1,000円と高めにアップしたら客離れを起こしてしまうので、月の売上に沿って少額な金額を設定しましょう。

More Detail